イチジクの鉢増し(植え替え)

今回はイチジクの鉢増し(植え替え)について解説させていただきます。

今回はイチジクの鉢増し(植え替え)について解説させていただきます。
小さい鉢から大きな鉢にイチジクを植え替える事で、苗木の生育を良くし、グングン成長させる事が出来ます。
また剪定をする事で、将来の樹形も調整する事が出来ます。

それでは順を追って、鉢増し(植え替え)の方法を解説していきます。

イチジクの鉢増しの準備

今回はイチジクの鉢増しを行います。

今回イチジクの鉢増しに使用する用土と鉢です。

用土は、赤玉土5:鹿沼土3:バーク完熟堆肥2、の割合で配合した用土を使用致します。

鉢は、スリット鉢の8号に今回は鉢増し致します。
用意が出来たので、まずはスリット鉢の底に、鉢底石を入れていきます。

地中栽培容器を外します

植え替え前の様子です。

こちらは鉢増し前のイチジクの様子です。

地中栽培容器にて育てたイチジクの苗木になります。

鉢増し前には、地中栽培容器を外していきます。
外し方はハサミ又はナイフで、縦に切りこみ、むしりとるように剥がしてください。

土をほぐし、根を剪定します。

少し土をほぐし、太い根を剪定します。

地中栽培容器を外したら少し土をほぐし、太い根を剪定します。

太い根を剪定する理由は、新しい根(細根)を出させる目的がある為行う工程になります。

固まった土をほぐす事で、剪定もし易く、新根も出やすくなります。

イチジクの植え付け

配合した用土をスリット鉢に入れ植え付けます。

配合した用土をスリット鉢に入れ、先程根を剪定したイチジクを植え付けていきます。

深くに植え付けてしまうと、根腐れを起こし易くなり、木の生育が悪くなってしまう為ご注意下さい。

次に上から用土を入れ、棒状のものでしっかりと用土をしめつけていきます。

しめつける事により、植木が安定します。

イチジクの剪定

植え付け後、剪定をしておきます。

植え付けを行った後、イチジクを剪定しておきます。

剪定は芽を確認したうえで行い(芽の位置よりも1cm〜2cm上部を剪定して下さい。)、
また、枝を出したい部分を見極め剪定して下さい。

※夏果専用品種に関しましては、その年は剪定する事により、結実は翌年からとなります。

癒合剤を湿布

切り口に癒合剤を湿布して下さい。

次に切り口に癒合剤を湿布して下さい。

癒合剤を湿布する事で、切り口の乾燥を防ぎ、生育を助けます。

他にも癒合剤には雑菌の侵入を防ぐ目的もあります。

イチジクの鉢増しは完了です。

施肥し、お水をたっぷりと与えて、鉢増しは完了です。

全ての作業が終わったら、肥料を適量施肥し、
最後に水をたっぷりと与えて、イチジクの鉢増し(植え替え)は完了です。

※今回使用したイチジクやスリット鉢、肥料などは、
全て朝日園オンラインショップにてご用意しておりますので、是非ご覧下さいませ。

朝日園のイチジク。

----- 植木の育て方へ戻る -----

Copyright (C) 朝日園. All Right Reserved